アジアからガザ・キャラバンが12月2日出発。陸路にて7カ国を経由してトルコへ。トルコから海路。イスラエルによるガザ海上封鎖の突破を目指す。アジア・オセアニアから約20カ国、500人以上が参加。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ首都テヘランに到着。ここでもイランの全国ネットに出演。テヘラン大学の歓迎会では、サプライズで何とアフメネジャド大統領が登場。一同おおいに盛り上がる。
私は1986年、イラクと戦争中でホメイニ師健在の頃のテヘランを訪れたことがある。その時も戦下であるにも関わらず、それまでのパキスタンや中国と比較して、洗練されているなと感じたが、アメリカ主導の経済制裁下にあってのこの発展具合。産油国とはいえ、さすが歴史的に文明発祥の地かつ大国。底力に恐れ入る。

 テヘランを出発すれば、キャラバン隊はいよいよ次の国、トルコに近づいて行く。


DSCN2943 2
    テヘラン大学へと向かうデモに合流


DSCN2942 2


DSCN2986.jpg
   アジアキャラバンデモ隊の先頭はインドの学生


DSCN2955.jpg
        デモには母も子供も参加する


DSCN2948.jpg




DSCN3041 2
 テヘラン大学の歓迎会にはアフメジャネド大統領がサプライズで登場



DSCN3320 2
    イラン国会を見学後、なんと旧国会にて歓迎会。一同着席。


IMG_0717.jpg


IMG_0722.jpg
   在りし日のテヘランの風景





【2011/01/25 04:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。