アジアからガザ・キャラバンが12月2日出発。陸路にて7カ国を経由してトルコへ。トルコから海路。イスラエルによるガザ海上封鎖の突破を目指す。アジア・オセアニアから約20カ国、500人以上が参加。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ネット環境などにより少し時間が経過してしまいましたが、11月3日、4日にマレーシアのシャー・アラムにて行われた、”アジアからガザキャラバン”の東南アジアと東アジア地区会議で決定された事項について記します。このHP上にもあるキャラバン参加呼びかけのPDFファイルには、キャラバン参加の申し込み受付の締切日を11月15日までとしていましたが、キャラバン受け入れ国実行委からの要望があり、ビザ発給に伴う招待状の発行などの参加人数確定の必要から、締切日を11月10日(水)に早めます。

 ですので、今回のアジア・ガザキャラバンの呼びかけ以降、何人の方からかキャラバンに関しての問い合わせがありましたが、通過国での途中合流を希望される方も含めて、今回のガザ支援キャラバン参加を希望される方は、11月10日までに申し込みを行ってください。申し込みに際しては、氏名、パスポート番号、有効期限、住所、連絡先の電話番号を記入して、”日本からガザ”連帯実行委までメールにて送付するとともに、FAXにてパスポートの1ページから3ページまでのコピーを送付してください。

 あと、これまたすでに幾人からか質問があったのですが、参加費用に関してのグッドニュースです。今回のキャラバン参加中の移動、宿泊、食事に関わる費用は、”アジア・ガザ連帯実行委”に参加していキャラバン受入国の実行委により負担して頂けます。ですから、個人の参加費用としては、合流地までの飛行機代と帰国時の飛行機代、ビザ代などにプライベートな費用の合計を考えて頂ければ結構です。交通機関、宿泊費、食事代を考慮する必要が無くなった為に、参加費用も大幅に抑えることが可能となりました。

 あと、キャラバンルートが変更となりました。当初の予定では、トルコから海路によるガザ行きを予定していましたが、出発までの日数と、来春に出航予定の、過去最大規模のガザ自由船団2との連携と連帯行動などの理由から、今回のキャラバンは、シリアのラトキア港からエジプトのアル・アリーシュ港を目指し、その後、陸路にてガザ入り目指すこととなりました。


 以上についての詳細は追ってお知らせします。



 

【2010/11/08 15:38】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。