アジアからガザ・キャラバンが12月2日出発。陸路にて7カ国を経由してトルコへ。トルコから海路。イスラエルによるガザ海上封鎖の突破を目指す。アジア・オセアニアから約20カ国、500人以上が参加。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日程が迫っていますが、2月26日にガザ封鎖解除を求めて呼びかけられていた平和行進を延期とします。
 
 エジプト暫定政府が先週、ラファ国境をパレスティナ人に対して開き、その後、エジプト政府とハマス政府がラファ国境解放に関して合意したことが、その大きな理由です。両政府の国境解放に関わる合意条件に関して詳細は未定ですが、両政府が合意している事に加えムバラク退陣後のエジプトの不安定な情勢などを考慮し、仮に予定通り行進を行った場合に、現況ではマイナスに働く事が十分に考えられることが中止の主な理由です。

 すでに呼びかけに応えてエジプト入りしている人々を考慮し、呼びかけ団体のメンバー数人ははラファ国境に向かうとの事ですが、行進は行いません。

 直前になっての中止発表で誠に申し訳ありませんが、上記の諸事情を考慮して上での延期決定ですので、ご了承の程お願いいたします。

 現在のリビアの緊迫した状況。チュニジアのジャスミン革命に始まった中東の民主化革命の高まりが、この地域を席巻していていますが、当たり前の事実としてイスラエルによるガザ封鎖、パレスティナへの占領が終わった訳ではありません。むしろ、9.11の直後もそうですが、リビア情勢に国際世論の関心が向かう中、ガザ空爆やヨルダン川西側で、さらに占領政策を加速している感さえあります。

 流動的な状況下にありながらも、機を計って、ガザ解放、そしてパレスティナの解放をもとめて、私達もしくは心同じにする者たちの呼びかけをお知らせしていきたいと思います。
 
 尚、冒頭でお知らせした通り今回の平和行進が延期と成りましたので、今回の平和行進に対してカンパして下さった方がいらっしゃいましたら、御一報下さい。返金します。お手数ですが、メールもしくはブログ右側の連絡先までお知らせ下さい。

【2011/02/24 04:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。