アジアからガザ・キャラバンが12月2日出発。陸路にて7カ国を経由してトルコへ。トルコから海路。イスラエルによるガザ海上封鎖の突破を目指す。アジア・オセアニアから約20カ国、500人以上が参加。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0807_20110914151253.jpg
 

 一時はどうなるかと思われたが、幸運にも船の手配と書類手続きが順調に進み貨物船が入港した。船にはアラビア語で平安を意味する”サラーム”号と命名。出発は2011年1月1日、日本人としては縁起のいい元旦に決定。このルートはアジアキャラバンの少し前にビバ•パレスティナ5が同じコースを通っている。しかし、その時には出航前に確か20日位、調整や交渉に費やした筈だ。どうも、それ以降、国際支援名目でのガザ入国はこのルートを中心に一定レベルは許可するとの調整をエジプト、イスラエル間で持たれたようだ。しかし、それにも増してこのような短期間での決定は、アジアキャラバンが中東諸国を含めて通過先の人々と関係を持って来た事。そして現地のコーディネターの任に当たった人々や裏方の人間の地道な作業の賜物だと感じる。

 残念ながら、外交問題ゆえにイランでの国賓レベルの歓待の裏で地道に準備に奔走してくれたイラン国籍者の入国が認められなかった。イラン人の入国を目指すのであれば断固としてガザ入国を認めない旨、イスラエル政府から断固かつ強烈な圧力が掛けられたとの事だ。加えて受け入れ人数の上限は150名。残念ながら長期に旅していた国の人達をまずは優先するとの決定が実行委で持たれ、ヨルダンからの参加者の人数が10名削られてしまった。断固として、全員入国を認めて踏ん張るべきだとの意見と今回は可能な人間だけでもガザ入国を果たすべきだとの意見に割れた。それに加えて、ここまでの旅の疲れが参加者の中からも出て来ていた。そんな中にあっても、イラン人参加者は怒りを表す事なく、静かに可能な人だけでもまずはガザ入国を果たすべきだとの意見を述べた。その静かさは見事だった。

 エジプト側の許可は降りたものの、イスラエルが支援船<サラーム号>にどのような悪質な攻撃を仕掛けて来るかもしれない。それに加えて、今回、欧米からの白い人達の参加者は皆無だ。参加者は、甘い言葉とは別にいわゆる”国際社会”と言われる世界に置いて、命の値段に順列があること、その比対象のリアリズムを熟知している。イスラエル政府は我々アジアキャラバンに平行して、<イスラム原理主義者>や<イラン政府のテロの影>などのプロパガンダを写真入りで流し続けていた。<サラーム号。への攻撃を避ける為に8名が支援物資と共に乗船する事になって。残りは飛行機でアル•アリーシュに向かいそこで合流する事になった。

 今後、非常時も想定される為、決定機関は間延びせず迅速に成された方がよいとのことで、各国のコーディネーターの実行委の中から、コア委員会が結成されていた。メンバーはそこに一任するということで、仮に選ばれたメンバーの本意でない場合には、拒否権を認めるというに決まった。私は、誰でも乗りたい人が乗れば良いと考えていて、選ばれれば受け入れようと思っていし、多分、指名して来るだろうなあと思っていた。私は日本外交の現実を知っているので、日本人の命の値段が他のアジア諸国の人々に比べて高いとは決して思わないが、日本の経済力に対する眼差し故にそのような誤解と期待があるのかも知れない。まあ、数百円程度は現実的に高いのかも知れないが。

 8名のメンバーが決まった。キャラバン参加人数が80名と最多なインドからは、元国会議員、著名なジャーナリスト、インド全学連委員長を含む4名。アゼルバイジャンから1名。マレーシア、インドネシア各1名。そして日本からは私。

 出発は2日後の1月1日の朝。いよいよガザが現実味を帯びて来た。


IMG_0813.jpg


IMG_0815_1.jpg


IMG_0861.jpg


IMG_0821.jpg


IMG_0847_1.jpg


IMG_0837.jpg


IMG_0779_1.jpg


IMG_0847_1.jpg
 医薬品、食料品、文房具や救急車輛用車4台等支援物資総額は約120万ドル(一億円)相当。イスラム圏では無い事や、パレスティナに対する関心の低さ、それに呼びかけの不十分さもあったものの日本で集め得れたのは、僅か10万円。肩身が何だか狭かった。


IMG_0837_1.jpg


IMG_0805.jpg


IMG_0804.jpg

【2011/09/14 15:16】 | 未分類
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/24(Wed) 23:10 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。